様々なボトルタイプ

ウォーターサーバーを選ぶ際のコツの1つにボトルがあります。ボトルは大きく分ければ再利用ができるタイプもあれば使い捨てのタイプもありますので、どちらがいいのか比較して選ぶといいでしょ。飲んだ後配達員が回収をしてくれる利他ーなるボトルと呼ばれるボトル回収が必要なタイプと、飲んだ後は自治体の処理方法に従い自分で処理可能なボトルであるワンウェイタイプがあります。リターナブルボトルはガロンボトルと呼ばれており使ったボトルを再利用するのでサービス料金が安いことが特徴です。そしてリサイクルするのでエコだとも考えられますがボトルの中にくきが入りますので雑菌が入る恐れはあります。
そしてワンウェイボトルのほうは小さくたためてかさばらないよう工夫されているので処理も楽ですし、回収の手間が省けます。空気が入りにくいので衛生面としてもいいですが自分でごみ処理をしなければいけない手間は必要です。どちらがいいのか、それは使い勝手と家庭の事情によって違ってくると思いますが、リターナブルタイプにしてしまうと次回回収までそのボトルを残しておかなければいけませんので、残しておくための場所が必要になりますから、そのスペースを確保できる人はいいですが、確保が難しいならワンウェイボトルのものを選びPET素材が大半なのでそのままごみ収集日に出せるタイプがいいでしょう。

関連記事